NPO法人比叡平陽だまりの会主催:第16回「リユースセンター物品即売会」

当法人が運営する「リユースセンター物品即売会」も16回目を迎え、

山中比叡平住民交流まちづくりセンター内のリユースセンターにて、下記の日程で行われます。

日時:2017年7月20日(金) 11:00~14:00 

場所:山中比叡平住民交流まちづくりセンター内のリユースセンター 

販売する物品は家具から日用品まで多種ありますが、時が経つにつれて少しずつ変化しているように思います。一度、どのような物があるのか、覗いてみてください。(笈田)

 

第15回リユースセンター物品即売会 開かれる

場所:住民交流センター、リユースセンター
  日時:2018年3月16日(金)11時~14時

3時間という短い時間でしたが、この即売会を楽しみにして来たという常連客(?)も来られて、初めから終わりまで楽しい語らいもある、有意義な会となりました。

売れた物品数は25点で、ちょっと珍しいものが人気のようです。他方、スチール机やテーブル、チャイルドシートなどは一向にさばけません。広告の仕方など、考えねばならないと思われます。住民交流センターの広報誌「こもれび」を活用させていただくことも検討します。

スチール机などあまり需要がないと思われるものは、廃棄物としての処理も考えねばなりませんが、処理費用が高いので二の足を踏んでいます。

前回も記しましたが、このリユースセンターは火曜~金曜日、交流センターが開いている時は常時開いており、展示してある物品はいつでも購入できるようにしています。購入されたい方は、リユースセンターの運営責任者の笈田(おいだ、090-4565-8506)にご連絡いただくか、交流センターの事務所におられる当番の方に声をかけていただければ、対応いたします。どのような物が置いてあるか、一度覗いてみてください。

最後に、この即売会運営に助力いただいたNPO比叡平陽だまりの会の役員諸氏に御礼申し上げます。                                 (文責:笈田)

リユースセンター活動

この活動は当NPOの環境保全活動の一つです。使えるものは再利用(リユース)することによって、循環型の社会を作り、環境を保全する一助としようと努力しています。
 一年に3~4回、即売会を開き、当学区の家庭から不用として提供された机や椅子類、タンス、テーブルやソファー、暖房器具や健康器具、チャイルドシート、花器や茶器、などなどを格安の値段で必要とされる方に提供しています。2017323日現在、373の品物が提供され、そのうち212点が引き取られました。売却率は57%となっています。
 当初に比較すると即売会に来られる人も少なくなってきたので、広報活動や開催時期・時間など試行錯誤しながら、この活動を続けていくつもりです。(文責:笈田)


▲ページトップに戻る