第14回リユースセンター物品即売会

場所:住民交流センター、リユースセンター
  日時:2017年11月17日(金)11時~14時

 今回は短い時間でしたが、同時に開かれていた学区社協活動への安曇川からの視察研修の一行
20数名のうち何人かがリユースセンターを覗いてくれたりして、にぎやかな即売会となりました。20点ほどの品物が売れました。

 3~4か月に1回の物品即売会も14回を重ね、これまで不用品としてリユースセンターに引き取らせていただいた458点の品々のうち、325点が必要とされる方々に渡っていきました。
その率は71%にもなります。使える物は捨てずに利用することによって、資源の無駄遣いを減らし、ひいては環境の保全に(わずかなりとも)役立てようとする我々の行動に賛同していただける方がおられるのは、大変ありがたいことです。

 このリユースセンターは火曜~金曜日、交流センターが開いている時は常時開いており、展示してある物品はいつでも購入できるようにしています。購入されたい方は、リユースセンターの運営責任者の笈田(おいだ、090-4565-8506)にご連絡いただくか、交流センターの事務所におられる当番の方に声をかけていただければ、対応いたします。

 どのような物が置いてあるか、一度覗いてみてください。(文責:笈田)

リユースセンター活動

この活動は当NPOの環境保全活動の一つです。使えるものは再利用(リユース)することによって、循環型の社会を作り、環境を保全する一助としようと努力しています。
 一年に3~4回、即売会を開き、当学区の家庭から不用として提供された机や椅子類、タンス、テーブルやソファー、暖房器具や健康器具、チャイルドシート、花器や茶器、などなどを格安の値段で必要とされる方に提供しています。2017323日現在、373の品物が提供され、そのうち212点が引き取られました。売却率は57%となっています。
 当初に比較すると即売会に来られる人も少なくなってきたので、広報活動や開催時期・時間など試行錯誤しながら、この活動を続けていくつもりです。(文責:笈田)


▲ページトップに戻る